MENU

他人が怖い

他人は存在するのか?

日々、我々は他人によって、傷つけられる。

他人はどう思ってるのか?

彼(彼女)らは自分のことどう思っているのだろう?

馬鹿にしているのか?

哀れんだいるのか?

っていうのを僕はいつも考えてしまう。

それに悩みに悩み疲れてしまう。

しかし、

他人の思惑、思考というものは存在するのだろうか?

そもそも他人は存在するのだろうか?

一つの回答

この世界は僕の表象である

これは、ドイツの哲学者ショーペンハウアーの言葉だ。

僕は世界が存在するように感じるが、それを証明することはできないのではないか?

我々は世界が見え、それらに我々が意味を与えているだけなのではないか?

そして、その意味は我々が勝手に作った幻想ではないのか?

例えば、彼はこう思っているのでは?と我々は想像する。

しかし、それらは我々が作った幻想であり、存在しない、とうことだ。

そう考えると気持ちが楽になった。すべては存在しないかもしれない。

じゃあ考えるだけ無駄じゃないか!!

今日もこんなふうに現実逃避をしています。

ゆっくり生きていきたいです。

参考文献

カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ (新潮文庫)

カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ (新潮文庫)